HOME>豊富な解体実績>2010年4月

2010年4月情報一覧

2010年4月21日 22:47
解体

建築分野における解体とは、しばしば建設という言葉と対にされ、建築物を壊すことを意味する。建築物の老朽化のためや、災害等で著しく損傷し修理が困難な場合、何らかの理由で建物の使用目的が全くなくなった場合、あるいはその建物などが道路拡張などの行政による命令などで解体される。また重要建造物を移設する場合など、復元することを前提に一旦バラバラにする行程を指すこともある。

解体の方法はいくつかあり、重機(パワーショベルにアタッチメントを着け油圧クラッシャーなど)で少しずつ壊していく方法(機械壊しなど)が一般的である。

爆薬を使い一瞬で解体する爆破解体は日本国内では規制が厳しいために行われることは少ないが、アメリカ合衆国などではビルなどの大型建築物を解体する際によく使われる方法である。

解体工事業を営むには、建設業法の「家屋解体業」・「土木工事業」・「建築工事業」・「とび・土工工事業」の許可を受けている場合を除き、建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律に基づき都道府県知事の登録を受ける必要がある。

解体の詳細情報をみる

2010年4月 1日 15:54
平成22年3月度分のCO2削減量は、58tを達成いたしました。

平成22年2月度分のCO2削減量は、58tを達成いたしました。

  • リサイクル方法:サーマルリサイクル
  • リサイクル数量:181.02t
  • 発電量:103,616kwh
  • 削減できたCO2:58t

解体業でもリサイクルへの取り組みやエコ(eco)への意識が高まってきていますが、弊社ではいち早く取り組みを行っております。

リサイクルにより発生した電力は、学校などの教育機関などに利用されています。引き続き、資源の有効活用と環境・エコへの配慮にできるだけ力を入れていきます。

平成22年3月度分のCO2削減量は、58tを達成いたしました。の詳細情報をみる


ページの先頭へ